清酒都美人淡路島のお酒 都美人酒造株式会社

〒656-0424 兵庫県南あわじ市榎列西川247 
0799(42)0360 E-Mail awaji@miyakobijin.co.jp
品質表示 個人情報の保護 商品案内 観光情報 販売店のご案内 L I NKあれこれ
都美人酒造梶@兵庫県南あわじ市榎列西川247 合鴨農法 若宮の雫 2007
酒蔵開放             平成20年03月16日開催

春の心浮き立つころ、都美人酒造の春のイベント
酒蔵見学会とアイガモ農法で育てた酒米を使った 新酒「若宮の雫」の発売記念会を開催。
島内外の日本酒愛好家160名の笑顔に出会いました。




純米吟醸「若宮の雫」は淡路島の気候風土に最も適した、酒造好適米「兵庫夢錦」を特別に栽培許可を受けて淡路島の米どころ洲本市五色町鮎原で栽培しております。耕作者は五色町合鴨研究会員の山際義弘さん。米作りのベテランが田植え後の水田に合鴨を放鳥して有機無農薬栽培米を育てています。 合鴨たちと山際さんの愛情たっぷりのお米で、今年も旨い純米吟醸酒が出来ました。こだわりで栽培されたお米は自社精米工場で4割を糠として削り落とす60%精米後、お米を蒸す甑(こしき)も木桶、大吟醸と同じく極少量の仕込を行い、長期低温仕込。そして全国的にも珍しい、てこの原理の槽掛け天秤搾り。手間ひま惜しまない酒造りで醸した逸品を味わってみませんか!!

純米吟醸「若宮の雫」 本数限定で発売中です。

数に限りがありますので売り切れの節はご容赦ください。





お酒は二十歳になってから〜〜。大人になったら都美人を愛飲してね〜〜。



5種類の利き酒コンテスト。全問正解者は12名様。お見事です〜。



記念撮影。素敵な笑顔をありがとうございます。



五色町合鴨研究会から焼鳥の売店・新鮮有機栽培野菜の即売会も大盛況



クイズの正解者・利き酒コンテストの結果発表と表彰式




酒蔵でのイベントのご案内をメールマガジン・おのころ通信で配信しています。
メルマガの登録はいかがでしょうか!!
お酒の楽しみ方、淡路島の観光情報など興味のある方はお気軽にどうぞ。→ 購読お申し込み



純米吟醸「若宮の雫」は淡路島の気候風土に最も適した、酒造好適米「兵庫夢錦」を特別に栽培許可を受けて淡路島の米どころ洲本市五色町鮎原で栽培しております。耕作者は五色町合鴨研究会員の山際義弘さん。米作りのベテランが田植え後の水田に合鴨を放鳥して有機無農薬栽培米を育てています。 合鴨たちと山際さんの愛情たっぷりのお米で、今年も旨い純米吟醸酒が出来ました。こだわりで栽培されたお米は自社精米工場で4割を糠として削り落とす60%精米後、お米を蒸す甑(こしき)も木桶、大吟醸と同じく極少量の仕込を行い、長期低温仕込。そして全国的にも珍しい槽掛け天秤搾りを使ったてこの原理でお酒を圧搾。手間ひま惜しまない酒造りで醸した逸品を味わってみませんか!!

純米吟醸「若宮の雫」 本数限定で発売中です。
数に限りがありますので売り切れの節はご容赦ください。
 

合鴨米で造った純米吟醸酒

科学肥料、農薬などを一切使用しないお米。

有機肥料を使用し、アイガモを使ってお米の栽培を行いそのお米でお酒を造りました。


2008.1.24
有機栽培米・純米吟醸 若宮の雫 


合鴨研究会員・山際さんの田んぼで合鴨農法で栽培された 完全無農薬の酒造好適米「兵庫夢錦」。

健気な合鴨たちの働きと山際さんの丹精こめた酒米は一ヶ月あまり杜氏と醪が語り合い、いよいよ最適の搾りの時を迎えました。

昔が蘇る100年前の手法のてこの原理でお酒を搾る 「天秤しぼり」

醪に櫂を入れながら攪拌を続けタンクから酒袋へと注ぐ。


酒袋は槽の中へ整然と敷き詰め 垂口から鮮烈で華やかな香りを漂わせ純米吟醸が滴り落ちる。